いろんなことを少しづつ頑張ろう

内臓脂肪を減らすことは、様々な病気のリスクから逃れるための大きなポイントです。でも、内臓脂肪を減らそうと必死になって頑張る毎日では、苦痛の連続ですし、ストレスの大きな原因になってしまいます。ストレスから逃れるために、過食に走っていたのでは元も子もありません。多角的に、少しづつなら、頑張れると思いませんか?
まず、食事です。いままでの食卓をガラリと変えてしまったのでは、長続きしません。とりあえず、ご飯を5分づき玄米にしてみる。食後に甘いお菓子デザートにしていたのであれば、フルーツにしてみる。お腹に貯まる、食物繊維から食べる。あなたが肥満体であるのなら、少しだけ炭化物を減らす。
歯周病が、いろいろな病気を引き起こすことがわかっています。歯周病菌が歯茎から入り、やがては血管を通って移動します。活性酸素を増やし、結果的には動脈硬化を引き起こするリスクを負うことになるのです。歯磨きも、徹底したいですね。
太って体が重いと、動くのがおっくうになりがちです。家でゴロゴロしていたのでは、エネルギーを消費することもできません。毎日の生活の中で、少しづつでも体を動かしたいものです。掃除機をかけるとか、お皿を洗う、そんなところから始めてみましょう。
体重を測る習慣をつけるのも、大切なことです。内臓脂肪を減らしたあとでも、リバウンドを防ぐというメリットがあります。体重を測ることで、知らず知らず体重をコントロールしていけるようになるはずです。


This entry was posted in 内臓脂肪をとる生活. Bookmark the permalink.

Comments are closed.