マッサージで使われる軽擦法について

マッサージの仕方のうち「軽擦法」は、掌や指などを身体に密着させ、
適度に圧力をかけながら、身体の抹消の部分から中枢の方へ向かって4~6回撫でさする方法です。
この方法はリゾートのような雰囲気たっぷりの銀座にあるマッサージサロンの人にこっそり教えてもらいました。

この手技は弱い刺激からはじめて皮下の血流を促すために、マッサージの最初と最後によく行います。
手掌軽擦法は、掌全体をマッサージをする部位にぴったりと当てて撫でます。肩背部の広い部位や上肢・下肢に用いるもので、
両方の掌を同時に同方向に動かすやり方と、左右の掌で交互に撫でるやり方、片手で行うやり方があります。

拇指軽擦法は、親指の腹を使って撫でる方法です。マッサージする部位によって、
親指全体や先の部分、側部と使い分けていきます。手背部や足背部の骨の間では特に先端を使ってマッサージします。

四指軽擦法は、人差し指から小指までの4本の指の腹を揃えて、皮膚に密着させて撫でる方法です。
手の背部や足の背部の骨の間をマッサージするときにこの方法を用います。
二指軽擦法は、親指と人差し指、もしくは親指と中指でマッサージする部位を挟み、指
の腹や指先を皮膚に密着させて撫でる方法です。手指やアキレス腱などの細かい部位に使います。

拳を握り、指の背面を皮膚に当てて手首を返すように回転させながら
撫でる指顆軽擦法は腰の背部、下腿部の前側、足の裏などに対して用います。

「そこ!そこ!」思わず相手が喜ぶ”手のひらマッサージ” – NAVER まとめ


This entry was posted in 内臓脂肪. Bookmark the permalink.

Comments are closed.