内臓脂肪の危険性

皮下脂肪に比べて、内臓脂肪が危険だとされるのはなぜなのでしょうか。内臓脂肪でも、適度な量の脂肪で隙間を埋めるようにつくと、内蔵がクッションのようなもので守られている状態となります。そうなると、衝撃を吸収してくれるだけではなく、位置も安定することができます。
しかし、内臓脂肪の量が多くなると、内蔵が圧迫されたり、血管が圧迫されたりして、危険な状態になります。代謝の低い皮下脂肪に比べて、代謝が活発な内臓脂肪で、アディポサイトカインという物質が多く分泌されます。これは、脂肪細胞から分泌されるもので、代謝に関係する生理活性機能を持っています。このアディポサイトカインが、血液に入り全身に運ばれ代謝障害、つまり脂質や糖の代謝、そして、血圧などに、悪影響を及ぼします。
メタボリックシンドロームの診断基準に、内臓脂肪を診るのは、このためなのです。
アディポサイトカインにも、善玉悪玉があります。内臓脂肪が太ると、善玉のアディポネクチンが減ります。脂肪細胞を縮小させることで、増えます。その作用で、血管が拡張し血圧の上がり過ぎを防ぐ、動脈硬化を予防する、インシュリンの効きがよくなる、などの素晴らしい効果があります。
反対に、悪玉の作用としては、インシュリンの効きを悪くし糖代謝に障害が出る、食欲コントロールが乱れ過食に走る、血栓ができやすく動脈硬化が進行する、血管が収縮し血圧を上げるなどの危険なことになるのです。


This entry was posted in 内臓脂肪とは. Bookmark the permalink.

Comments are closed.