内臓脂肪はなぜ貯まるのか

内臓脂肪の貯まる原因は、食べ過ぎや運動不足にあることがほとんどです。食事から摂ったエネルギーの方が消費するエネルギーを上回ってしまうと、余ったエネルギーはほとんど脂肪として身体に蓄積されてしまいます。まず、摂取したエネルギーは、グリコーゲンに変化して肝臓や筋肉に取り込まれますが、貯蔵できる量が少ないために、余ったブドウ糖は脂肪細部に取り込まれます。太る、ということです。
体脂肪、というのは中性脂肪のことです。食事から摂取した脂質、炭水化物、糖質などが、体内で消化吸収、合成などをして、基礎代謝などに使われ、余ったぶんは、エネルギー源として、脂肪細胞に取り込まれます。この脂肪はなくてはならないものでありながら、過剰に蓄積されると、肥満となり、身体にもいろいろな悪影響を与えることになります。
中性脂肪は、血液中や肝臓にも存在しており、体内の中性脂肪の量をコントロールできると、肥満の改善につながります。つまり、体内の余分な中性脂肪をエネルギーとして、どんどん燃やして消費すると、体脂肪が減少するということなのです。脂肪の燃焼を順に追っていきましょう。脳が活動エネルギーが必要と判断したら、その中性脂肪は脂肪酸とグリセリンに分解され、血液中に入り、筋肉に運ばれます。そこで、エネルギーとして発散され。燃焼できるのです。血液中の脂肪酸を燃やす近道は、運動です。うんどうによって、その脂肪酸をエネルギーとして発散させられるのです。


This entry was posted in 内臓脂肪. Bookmark the permalink.

Comments are closed.