メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が過剰に蓄積されることで生じる、代謝異常や血圧の異常です。その作用により、さらに動脈硬化の進行、脳卒中、心筋梗塞などのリスクが高まる病気です。今までの生活習慣病と異なるのは、病気が相乗効果により複合的に進行していくこと、そして、病気の始まりに自覚症状がほとんどなく、病気の進行に気づきにくいことです。
メタボリックシンドロームが引き起こす病気としては、高脂血症、高血圧、糖尿病、高血糖、心筋梗塞、狭心症、脳卒中などが挙げられます。内臓脂肪が元となって起こる病気としては、脂肪肝、高尿酸血症、痛風、急性膵炎、ガン、睡眠時無呼吸症候群、、肩こり、腰痛、関節痛、便秘などです。大変な病気ばかりが挙がってきて、これは予防しなければと思ってしまいます。
高脂血症とは、食事から摂取した脂質の代謝がうまくいかないで、血液の中に脂質が増えすぎる病気のことです。高血糖とは、血液中のブドウ糖の量が過剰になってしまった状態のことです。そして、このブドウ糖の値がある一定量以上になると、糖尿病ということになります。この糖尿病が進行すると、透析の必要な糖尿病腎症、網膜症からの失明、足の壊疽、神経障害などといった重大な症状が起こってきます。狭心症とは、血流が低下し、心臓を動かしている筋肉が一時的に酸素不足になる病気です。数分後にはおさまりますが、治療せず放置していると心筋梗塞へと進行していきます。
このように、メタボリックシンドロームとは本人の気づかないうちに、こっそり忍び寄ってくる恐ろしい病なのです。


This entry was posted in 内臓脂肪とは. Bookmark the permalink.

Comments are closed.