野菜嫌いの人は必見!今日から野菜を食べたくなるイタリアンな話

ajfjaaj

野菜を食べなさい、とは子供の時から、誰しもが言われ続けてきたことでしょう。

特にアメリカで一大旋風を巻き起こしたベジタリアンなどは、お肉ばかりの食生活によって激太りや、高血圧、心臓疾患、などの健康被害が増大し、ハリウッド女優などが先頭を切って、ベジタリアン志向の人達が増えました。

ベジタリアンになるのは大変!

日本もアメリカの食文化の影響をかなり大きく受けていますから、次第に、なるべくお肉を食べないようにするという傾向になりつつあります。
しかしながら、エネルギーを確保するためには全くお肉を食べないというベジタリアンになるにはそれ相応の食の勉強をしなければいけませんので、食の勉強もせずして「さあ、今日からベジタリアンになるぞ」というのはお勧め出来ません。

野菜には様々な役割がある

さて、野菜と言っても葉物野菜から根野菜まで様々あります。それぞれ役割がありますが、今回は葉物野菜について触れます。

【節約】食費が助かって、意外と簡単!野菜の切れ端で育てる”キッチン栽培” – NAVER まとめ

葉物野菜は血液をキレイにしてくれる、というのは周知の通りですが、体臭予防にもなるという事はあまり知られていないようです。
抗酸化作用がありますので血液をキレイにしてくれる=動物性の食べ物の臭いをも消してくれるという訳です。

且つて、葉物野菜全てが嫌いだという女性がいましたが、若い女性でありながら動物臭が漂っていた人がいました。気の毒でしたが忠告を聞いてもらえなかったので残念でした。ですから、周りの人を不快にしないためにも是非、葉物野菜を食べましょう。

丸の内で心ゆくまで南イタリア料理を堪能する!

Posted in 内臓脂肪 | コメントは受け付けていません。

私なりの美容室の使い分け-仲町台のおすすめヘアサロン

美容師の友人に聞いた話なのですが、美容師さんによっても得意、不得意の分野があるようです。私は3つほどの美容室を使い分けしています。スタイルチェンジや、カットなど大幅な変更を行うためのスタイリスト指名する信頼性の高いサロン。カラーなどちょっと挑戦したいときに訪れる個性派サロン。結婚式などのセットが一日崩れないようにセットしてくれるセット専用サロン。用途に応じて使い分けられるので便利です。

髪に優しいことも大事だとは思うけどda-318057

やりたい髪色があって、その髪色をお願いしているのに、どうしても髪へのやさしさを配慮してとか言って、希望する淡い色合いにはしてくれない美容師さんがたまにいらっしゃいます。
先にリスクを話してくれた上で、それでもやるかやらないか、をお客側で決めさせてくれればいいのに、といつも思うのです。お金を払うのですから、決定権はあくまでもこちら、であってほしいです。
でも髪の毛のことを思ってなのはわかるのです。
ただ、美容院の中での悩みが多くなると、美容院にも行きづらくなってしまうので、とことんまで話し合いの上で施術してくれる体制を美容院には望みます。

美容室にも色々なスタイルがあります。

美容室には、プライベート空間を楽しめるところもあります。
1席しかないところや、貸し切りに出来るところも沢山あります。
大きな美容室だと人目が気になって落ち着かなかったり、子供を連れていくと他の人の迷惑になりそうだと心配してしまう人にはお勧めです。
混んでいる美容室では、流れ作業のようにされてしまうと悲しくなる時があります。
自分だけにしっかり時間をかけてやってもらうと嬉しいものです。

http://www.hair-room.net/nakamachidai/

Posted in 内臓脂肪 | コメントは受け付けていません。

リンパマッサージで下半身に劇的な変化

冬は冷えからむくみがひどくなるのでマッサージに通っています。
頻度は月に2・3度。
ネットで近所のサロンを検索したところ、数件見つかりました。
今はその1つに通っています。

マンションの1室を個室としている店舗です。
広く空間がとられているので伸び伸びと施術を受けられます。E08701
完全予約制なので、早く入れないとすぐに埋まってしまいます。

マッサージをしてくれる方は同じ方です。
女性2人でされているお店のようです。
どちらの方も美人でスタイルの良い方なので
色んなアドバイスも説得力があります。

いつもお願いするのは下半身を中心としたリンパマッサージです。
足裏から太もも辺りまで絞り出すような手の動きで
施術後は脚がすっきり一回り以上細くなります。

夜はマッサージ、土日はネットビジネス 副業しないとやってられない!―弁護士に言っちゃうぞ(6) – 夕刊アメーバニュース

自宅で空気圧を使ったマシンでマッサージしたことがあります。
結構気持ちよいのですが、やはりハンドマッサージには敵いません。
効果が長続きするのもやはりハンドですね。

いつも思うのは、履いてきた靴がゆるく感じます。
むくんでいるのはふくらはぎやふとももだけかと思いきや、
足先や甲も同じようにむくんでいるようです。

もうこのお店には2年以上通っています。
自宅で毎日やるのは面倒・・・という方は
サロンへ定期的に行くことをお勧めします。

他にも恵比寿で評判の良いマッサージサロンがあるので、
近くに住んでいる人はぜひ行ってみては。

Posted in 内臓脂肪 | コメントは受け付けていません。

マッサージで使われる軽擦法について

マッサージの仕方のうち「軽擦法」は、掌や指などを身体に密着させ、
適度に圧力をかけながら、身体の抹消の部分から中枢の方へ向かって4~6回撫でさする方法です。
この方法はリゾートのような雰囲気たっぷりの銀座にあるマッサージサロンの人にこっそり教えてもらいました。

この手技は弱い刺激からはじめて皮下の血流を促すために、マッサージの最初と最後によく行います。
手掌軽擦法は、掌全体をマッサージをする部位にぴったりと当てて撫でます。肩背部の広い部位や上肢・下肢に用いるもので、
両方の掌を同時に同方向に動かすやり方と、左右の掌で交互に撫でるやり方、片手で行うやり方があります。

拇指軽擦法は、親指の腹を使って撫でる方法です。マッサージする部位によって、
親指全体や先の部分、側部と使い分けていきます。手背部や足背部の骨の間では特に先端を使ってマッサージします。

四指軽擦法は、人差し指から小指までの4本の指の腹を揃えて、皮膚に密着させて撫でる方法です。
手の背部や足の背部の骨の間をマッサージするときにこの方法を用います。
二指軽擦法は、親指と人差し指、もしくは親指と中指でマッサージする部位を挟み、指
の腹や指先を皮膚に密着させて撫でる方法です。手指やアキレス腱などの細かい部位に使います。

拳を握り、指の背面を皮膚に当てて手首を返すように回転させながら
撫でる指顆軽擦法は腰の背部、下腿部の前側、足の裏などに対して用います。

「そこ!そこ!」思わず相手が喜ぶ”手のひらマッサージ” – NAVER まとめ

Posted in 内臓脂肪 | コメントは受け付けていません。

エンダモロジーはどこで受けられる?

女性のダイエットに役立つと注目のエンダモロジー。エンダモロジーは、どこで受けられるのでしょうか。
エンダモロジーを扱っているところは、エステサロンにかぎらず、美容外科やスポーツクラブなどでも受けることができるようになりました。
今回は、それぞれの特徴を書いていきます。参考にしてみてください。

【美容外科】

美容外科は、クリニック。つまり病院なので医者の保証が聞くのが特徴的です。
サロンやスポーツクラブはクリニックではないので、当然何かトラブルがあったとしても
対処ができません。その点では美容クリニックのほうが安全とは思います。

【スポーツクラブ】

最近ではスポーツクラブやフィットネスクラブなどでもエンダモロジーを受けられるところが増えてきました。
やはりダイエット目的などで通う人もいますから。ダイエットプログラムを組む上では十分な場所だと思います。運動もできますし!

【エステサロン】

一番気軽に行けるのがエステサロンです。最近では格安で受けることができることが多くなりました。
ただ、エンダモロジーを置いているエステサロンはそんなに多くはありません。そのため、色々と考えてみる必要もありそうですね。

Posted in 内臓脂肪をとる生活 | コメントは受け付けていません。

内臓脂肪ってなに?

体脂肪には、2種類あります。内臓脂肪と皮下脂肪です。
皮下脂肪というのは、言葉通り皮膚のすぐ下につく脂肪のことです。とくに太もも、お尻、下腹などの下半身につきます。洋梨のような体型です。これを皮下脂肪型肥満といいます。このタイプは、新陳代謝が低いため、体熱の発散が少なく体重が減りにくいです。ただ皮下脂肪は、外からの衝撃を緩和し、外部からの気温の変化からも内蔵を守ってくれるという機能も持ちますので、少なすぎてもよくありません。
内臓脂肪とは、お腹の周り、とくに腸の周りの腹膜などの周囲につく脂肪をいいます。りんごのような体型です。特徴としては、こちらは新陳代謝が活発なために、ホルモン生産も活発です。そのために、体内のホルモン環境が変わり、代謝障害、いわゆる高血糖、高脂血症等や、高血圧が起こりやすくなってしまうタイプです。
内臓脂肪型肥満とされるのは、腹部CT検査によって内臓脂肪面積が100平方センチ以上とされています。内臓脂肪型肥満が疑われるのは、男女ともにBMIが25以上で、お腹周りが男性で85cm、女性で90cm以上の場合です。
ほかにも、隠れ肥満といわれる人たちがいます。BMIが25を超えず、外見上も太っているようには見えないけれど、内蔵脂肪が増加し、そのために肥満の人に見られる代謝異常、つまり高血糖や高脂血症が進行していたりするのです。お腹が出ていなくても、高血糖、高脂血症、高血圧などが高くなっている人は、内臓肥満を疑ってみた方がいいでしょう。

Posted in 内臓脂肪 | コメントは受け付けていません。

内臓脂肪の危険性

皮下脂肪に比べて、内臓脂肪が危険だとされるのはなぜなのでしょうか。内臓脂肪でも、適度な量の脂肪で隙間を埋めるようにつくと、内蔵がクッションのようなもので守られている状態となります。そうなると、衝撃を吸収してくれるだけではなく、位置も安定することができます。
しかし、内臓脂肪の量が多くなると、内蔵が圧迫されたり、血管が圧迫されたりして、危険な状態になります。代謝の低い皮下脂肪に比べて、代謝が活発な内臓脂肪で、アディポサイトカインという物質が多く分泌されます。これは、脂肪細胞から分泌されるもので、代謝に関係する生理活性機能を持っています。このアディポサイトカインが、血液に入り全身に運ばれ代謝障害、つまり脂質や糖の代謝、そして、血圧などに、悪影響を及ぼします。
メタボリックシンドロームの診断基準に、内臓脂肪を診るのは、このためなのです。
アディポサイトカインにも、善玉悪玉があります。内臓脂肪が太ると、善玉のアディポネクチンが減ります。脂肪細胞を縮小させることで、増えます。その作用で、血管が拡張し血圧の上がり過ぎを防ぐ、動脈硬化を予防する、インシュリンの効きがよくなる、などの素晴らしい効果があります。
反対に、悪玉の作用としては、インシュリンの効きを悪くし糖代謝に障害が出る、食欲コントロールが乱れ過食に走る、血栓ができやすく動脈硬化が進行する、血管が収縮し血圧を上げるなどの危険なことになるのです。

Posted in 内臓脂肪とは | コメントは受け付けていません。

内臓脂肪はなぜ貯まるのか

内臓脂肪の貯まる原因は、食べ過ぎや運動不足にあることがほとんどです。食事から摂ったエネルギーの方が消費するエネルギーを上回ってしまうと、余ったエネルギーはほとんど脂肪として身体に蓄積されてしまいます。まず、摂取したエネルギーは、グリコーゲンに変化して肝臓や筋肉に取り込まれますが、貯蔵できる量が少ないために、余ったブドウ糖は脂肪細部に取り込まれます。太る、ということです。
体脂肪、というのは中性脂肪のことです。食事から摂取した脂質、炭水化物、糖質などが、体内で消化吸収、合成などをして、基礎代謝などに使われ、余ったぶんは、エネルギー源として、脂肪細胞に取り込まれます。この脂肪はなくてはならないものでありながら、過剰に蓄積されると、肥満となり、身体にもいろいろな悪影響を与えることになります。
中性脂肪は、血液中や肝臓にも存在しており、体内の中性脂肪の量をコントロールできると、肥満の改善につながります。つまり、体内の余分な中性脂肪をエネルギーとして、どんどん燃やして消費すると、体脂肪が減少するということなのです。脂肪の燃焼を順に追っていきましょう。脳が活動エネルギーが必要と判断したら、その中性脂肪は脂肪酸とグリセリンに分解され、血液中に入り、筋肉に運ばれます。そこで、エネルギーとして発散され。燃焼できるのです。血液中の脂肪酸を燃やす近道は、運動です。うんどうによって、その脂肪酸をエネルギーとして発散させられるのです。

Posted in 内臓脂肪 | コメントは受け付けていません。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が過剰に蓄積されることで生じる、代謝異常や血圧の異常です。その作用により、さらに動脈硬化の進行、脳卒中、心筋梗塞などのリスクが高まる病気です。今までの生活習慣病と異なるのは、病気が相乗効果により複合的に進行していくこと、そして、病気の始まりに自覚症状がほとんどなく、病気の進行に気づきにくいことです。
メタボリックシンドロームが引き起こす病気としては、高脂血症、高血圧、糖尿病、高血糖、心筋梗塞、狭心症、脳卒中などが挙げられます。内臓脂肪が元となって起こる病気としては、脂肪肝、高尿酸血症、痛風、急性膵炎、ガン、睡眠時無呼吸症候群、、肩こり、腰痛、関節痛、便秘などです。大変な病気ばかりが挙がってきて、これは予防しなければと思ってしまいます。
高脂血症とは、食事から摂取した脂質の代謝がうまくいかないで、血液の中に脂質が増えすぎる病気のことです。高血糖とは、血液中のブドウ糖の量が過剰になってしまった状態のことです。そして、このブドウ糖の値がある一定量以上になると、糖尿病ということになります。この糖尿病が進行すると、透析の必要な糖尿病腎症、網膜症からの失明、足の壊疽、神経障害などといった重大な症状が起こってきます。狭心症とは、血流が低下し、心臓を動かしている筋肉が一時的に酸素不足になる病気です。数分後にはおさまりますが、治療せず放置していると心筋梗塞へと進行していきます。
このように、メタボリックシンドロームとは本人の気づかないうちに、こっそり忍び寄ってくる恐ろしい病なのです。

Posted in 内臓脂肪とは | コメントは受け付けていません。

あなたの内臓脂肪は?

ご自分の内臓脂肪の量は、適正でしょうか?内臓脂肪型肥満が疑われる基準として、BMI25以上です。そして、お腹周りが男性85cm以上、女性90cm以上の場合です。このお腹周りというのは、おへそを通ったお腹周りのことです。
BMI(ボディ・マス・インデックス)というのは、身長と体重の数値を元に算出される、体格指数と考えられています。どうか、当てはめて計算してみてください。
BMI=体重kg÷(身長m×身長m)
標準体重=(身長m×身長m)×22.0
数値はいくらだったでしょうか?日本肥満学会の判定基準としては、BMI25以上が肥満の状態であり、病気になりやすい状態であると判断されます。BMI22というのが、病気になりにくい状態とされています。BMI18.5以下になりますと、痩せすぎている状態であるといえます。こちらもまた、クッションの役割をしたり、内臓を守ったりする役目も持っているのですから良くないですね。
肥満度がBMI35以上とかなり高い場合には、食欲中枢をコントロールする薬の服用がなされることもあります。また、睡眠時無呼吸症候群などを合併している場合には突然死などの危険性もありますので、肥満入院による治療などがあります。
BMI25以上で、肥満からの病気を発症している場合には、医療機関での治療が必要になります。こちらは、病気への治療とともに、元の原因となる肥満の解消を目的とした、食事療法や運動療法を行います。
重度の肥満状態、制約はありますが肥満に起因した病気などは、健康保険の適用の有無などがありますが、BMI35ですと肥満入院できますし、健康保険も適用されますので、重大な病気を発症してしまう前に、受診することをお勧めします。

Posted in 内臓脂肪とは | コメントは受け付けていません。